転職理由、どう答えればいいの?ポジティブな言い訳を

転職活動をする際には必ず会社の面接を受けることになりますが、
その際に会社の採用担当者はあまりにも転職回数が多い求職者に対しては、
どうして転職回数が多いのか、
どうして転職をしたのか等、その理由を尋ねることがあります。

理由を尋ねられた時にはネガティブな言い訳をするのではなく、
出来るだけポジティブな言い訳をすることが大切です。
それでは具体的にどのように言い訳をしたら良いのでしょうか。

一番良いのはとにかく自分自身をもっと発展させる為に
会社を辞めたのだということを伝えることです。

つまり本当は人間関係に問題があって辞めていたり、
お給料の額に不満があって辞めていた場合であったとしても、
そのことを正直に口に出して伝えてしまってはいけないのです。

あくまでも自分自身を更に発展出来る会社を求めて
転職したのだということを不器用でもいいですから
一生懸命に伝えていくことで、
採用担当者に前向きな人だという良い印象を与えることが出来ます。

前向きなポジティブな人というのは、
厳しい現代社会においては最も必要な重宝される人材です。
なので本当の退職理由が何であれ、
必ず自己発展をする為に退職したのだということを伝えるようにしましょう。

それから資格取得する為の勉強をする為に退職したであるとか、
外国語を身に着ける為に海外留学をする為に
退職したなどといった退職理由も、前向きであるとして評価されます。

しかしあくまでも本当のことを話すべきであって、
絶対に嘘を話してはいけません。

例えば留学したこともないのに留学していましたと言ってはいけないのです。

転職してから派遣でバイト、転職活動中の派遣でバイト

多様な働き方

景気が良くなりつつあると言われていても、
まだまだ会社員の給与は上がる気配がない昨今、
一部の会社員の間で副業としての派遣求人が注目を集めています。

会社員というと、本業が会社での勤務であり、副業は認められていないケースが殆どで、
派遣で働くと言ってもあまり大々的に働けないのがデメリットではありますが、
本業が会社員ですので、会社で働いている時と同じような仕事の派遣社員であれば、
何の抵抗もなく働ける上、時給も比較的高く、
仕事が休みの土日限定の求人も豊富にある為、
会社員の派遣業務が俄かに注目を集めています。

ただ会社員の派遣業務には若干、リスクがあります。
それは本業の会社に派遣会社で定期的に
アルバイトをしていることがばれてしまうかもしれないというリスクで、
多くの場合確定申告をしなかったことで判明します。

確定申告では一定額以上の副業収入があった場合に、
税務申告する必要がありますが、
これを怠った場合本業の方に追徴課税されてしまい、
副業をしている事がばれてしまうのです。

そのため、主婦の扶養控除の範囲と同様に確定申告が必要ない
一定額の範囲内で収入を収めておく必要があり、
年末に調整が必要になる場合があるのです。

したがってあまりに時給の良い先で派遣社員として働くと、
場合によっては大きな追徴課税に対象になる可能性があるので、
派遣求人情報を選択する際には注意が必要です。
それさえクリアできれば会社員でもお小遣い稼ぎ程度の収入を派遣から稼ぐことができます。

また、転職活動中に生活費を確保するために派遣で働く方もいます。

派遣求人がある度に条件に合う派遣求人の面接に行き一定期間働いては、
また次の派遣求人を探すという働き方で、
見方によっては地に足のつかない働き方のようにも見えますが、
最近は何かの目的の為にこういった働き方をする若い人が増えていますので、
徐々にではありますが派遣勤務が認知されてくるのではないでしょうか。

派遣求人を転々とする求職者がなぜ、派遣会社で重宝がられて、
また派遣会社に所属している求職者が非常に多いのかというと、
ダブルワークをしていない求職者であれば、
収入を得る手段を派遣会社で働くことで全額賄おうとしますので、
派遣で稼ぐことが生活の中心となります。

つまり覇権会社での勤務を最優先にしてくれるため、
時間的に融通を利かせてくれるのです。

また派遣求人に反応した求職者の多くが、
次の仕事を見つけるためのつなぎとしているので、
3年以上勤務をせず、比較的短期間働いてから次の職場へと転職していきます。

そのため人の新陳代謝がしやすいという大きなメリットがあるのです。

実際派遣求人の中には積極的にフリーターの採用を進める派遣会社もあり、
面接時の条件次第では即日採用という事も良くある話です。
なぜ派遣で働く従業員の中にフリーターが非常に多いのかお分かり頂けたかと思います。

転職で年収をアップさせる方法とは?

転職で年収アップをさせる方法は、求人情報サイトを利用することです。
このサイトのメリットは、それぞれの案件の年収比較が行えることです。
収入の部分というのは、企業の利益が大きく影響しています。

利益の大きい企業ほど収入は高い傾向にあり、逆に利益が少なければ収入は低くなります。
例外もまれにありますが、利益が少ないのに高額給与を支払うことはできないのです。
ほぼ同じ内容の仕事でも、どこで働くかによって収入は1.5倍以上も違ってきます。

就職後にうなぎのぼりに収入がアップするケースは多くはないため、
最初から収入の多い職場を見つけて入職したほうがいいのです。

転職を考えるときは、誰しも収入のことを考えています。
年収は低くてもいいという方もいますが、本心では思っていないのです。
転職事由の本音では、ダントツで収入に対する不満が挙げられています。
仕事内容に見合わないと思えば、転職をしたくなるのは当然なのです。

求人情報サイトには、プロの相談員であるエージェントが在籍しています。
エージェントと相談をすることで、自分にマッチした職場が見えてきます。
現在の自分の市場価値もわかってくるので、能力を存分に活かせる職場が見つかるでしょう。

転職で一番いけないケースは、十分に情報収集をせずに決めてしまうことです。

採用側とはよく話し合わないと、入職後に条件が違うというトラブルが発生することがあります。
特に給与面に関しては、エージェントを介して交渉していくべきでしょう。

成功する人はこう使う!転職サイトの選び方

ほんの10年前くらいまで、転職するにはハローワークや、
直接企業との面接の申し込みが主流でしたが、
いまやエージェントを介した転職サイトは、ビックビジネスとなっており、星の数ほどあります。

はじめて転職活動をしようとする人は、どこを選んでよいのかさっぱりわからず、
とりあえず大手に申し込みをするか、情報を得るためにたまたま登録したサイトからスカウトされ、
よくわからないままエージェントと面談する、というケースも多々あるでしょう。

しかし、それでは希望の活動ができないケースもあります。
 転職は同じ人材派遣会社であっても、会社によって方針も得意分野もかなり隔たりがあるからです。
業界によって、強み弱みがあり、IT業界に特化したエージェントや、建設業界、医療業界など、
専門分野に特化している会社も少なくありません。

選び方としてまず大切なことは、その点を間違わないことです。
大手であれば、各分野を網羅しているという利点はあります。
しかし、大手だけあって転職希望者も殺到しており、
経歴がパッとしない人は後回しにされたり、少ししか紹介してくれないというデメリットがあります。
エージェントというのは、内定を獲得できれば、その年収の3割ほどが報酬になるというだけあって、
採用されやすそうな人に力を入れる、というのが現実なのです。

そのような経験をしたら、開業したての小規模のエージェントに目を向けてみるのも一考でしょう。
大手よりもたくさんの案件を紹介してくれる上に、親身になって相談に乗ってくれ、
結果としてよい転職に結びつくケースも多いのです。

無料で使える転職サービス!エージェントの利用は無料?

エージェント

転職を考えているのであれば、
ぜひエージェントを利用して活動したほうが良いです。
成功の可能性が一段とあがり、
さらに転職先で後悔することも少なく、
場合によっては現時点では転職しないほうが良いと常に最善なアドバイスを頂くことができます。

本当に無料?と思うような魅力的なサービスが多くなっています。

企業選びからの紹介、面接対策といったサービスも無料で行っていただけ万全の対策が可能になります。
また、受ける企業にあった質問内容やその企業でどのような人が合格しているかなど、
自分だけでは絶対にわからないような情報も無料で得られたりもします。

転職活動において、情報を分析する大変な作業が一気に楽になり、スムーズになっていきます。

転職活動をする中で、計画を立ていつまでに
転職するかということは非常に大事であり、
そのためにどのように行動するべきか、
何社受けるかという先を見た活動アドバイスを頂けることで、
いつまでも先が見えないという状況には陥らないですむことが多くなります。

また、受けて落ちてしまった企業についての理由なども教えて頂けることがあるので、
必ず次に繋げることができ、
これらのサービスは最大限に利用することが成功への近道になっていきます。

また、情報面だけでなく、メンタル面についての相談もしてくれるところも多く、
不安を消すことで思い切って試験に臨むことができます。
個々に担当者がついたりするので、
その場だけの回答にならず今後に繋がる回答となり役に立つことが多くなっています。

しかし、そんな転職エージェントでも
色々な企業やサービスがあり、
中には評判が良くないところもあります。

転職エージェントでどのような企業やサービスがあるかは
http://www.tenshokuagent.org/
をご覧下さい。

転職エージェントは、
確かに無料で素晴しいサービスを受けられます。
しかし、内容がよくても質が悪ければ意味はありません。
そして、その質というのはサポートしてくれるコンサルタント次第といえます。
また、質の高いコンサルタントに出会えるかは運です。

運よく良いコンサルタントに出会えれば良いですが、
そうでなくては転職活動がプラスになりません。

ですから、転職エージェントは、
無料という特権を活かし、様々なところに申し込むのもポイントです。

円満退職して転職を成功させるコツ

転職に向けて

さまざまな理由で転職することになりますが、多くの人は仕事内容以外の部分が原因で退職するようです。
ネガティブな理由になりがちですが、
それでも今後は良い方向に向かうよう新しい職場探しをするわけです。

苦しい時期になることを覚悟の上で転職活動をし、
努力と忍耐の結晶として新しい職場が決まったとしたら、
それは誰よりも自分を褒めてよいでしょう。

決して短くはないはずの転職活動が終了し、
いよいよ退職となったら周囲に報告をしなければなりません。

ただし、ここで自分の上手にコントロールしなければ
「飛ぶ鳥、跡を濁す」などと言われかねません。

新しい自分の将来に向かって歩み始めるのならば、
過去にあったことを蒸し返すようなことはやめておくべきです。

どのような感情があるにせよ、慣れ親しんだ職場です。
この場を離れる昂揚感もありますし、寂しさもありますが、
だからといって感情的になるべきではありません。

見るべき方向は未来の自分ですから、
職場を去ることが決まったのであれば円満に見送られるように心がけることが大切です。

あの人は最後まで文句を言って出ていった、と思われるか、
最後まで笑顔のまま円満退職だったと言われるか、
どちらがよいか選択する必要もないでしょう。

退職間際は慌ただしい引継ぎになりがちですから、
一人一人に丁寧に心を込めて謝辞を述べ、新しい職場へ旅立つ準備をしましょう。
心と時間の余裕を持ち、美しい引き際で去っていくのが本当の円満というものです。

日本経済が回復の兆しを見せる中、現在多くの人に注目されているのが転職です。
より働きやすい環境を求める場合や、
より高い収入を求める場合、本当にしたかった仕事に就きたい場合など、
様々な動機によって転職は行われます。

しかし依然として、理想通りに転職を成功させる人は多いとは言えず、
事前にしっかりとした準備が必要とされています。

そこで、転職に成功するために知っておくべき秘訣について紹介します。

まず1つ目の秘訣は、自身の財務状況を把握しておくことです。
再就職先を探すまでの間、休暇を取るつもりであるなら、
その間過ごせるだけの貯蓄があることを確認しておきます。

2つ目の秘訣とは、スキルを磨くことです。

転職活動で役立ちそうなスキルを取得することが重要です。

特に近年、語学力のある人材を求める企業が増加しているため、
英語や中国語などのビジネスに役立つ語学力を身につけることで武器になります。

また、専門的なスキルも効果的です。
専門職として長く企業に勤めることができる可能性が高く、
その後の未来にも大きく役立ちます。

そして、3つ目の秘訣とは、転職を希望している会社について詳しく調べておくことです。

再就職試験や面接の前に、インターネットや人脈などを駆使して、
会社について調べられるだけ調べておきます。
また、より詳しく調査するため、人事部などに問い合わせをし、
保険の条件や給料日など、様々な情報について聞いておくと安心です。